BandH Gallery

Escape on the Edge

早速の問い合わせ

  2015/05/08

ホームページとは便利なもので、立ち上げて公開すると、敏感な人にはすぐにキャッチされるようだ。

早速、作家志望の若者とお会いした。
地元のハンドメイド展のようなものでは、それなりに売れているようだ。
見せて頂いたが、納得。とても良い作品だった。
アートとして見せて、売っていくには、荒削り感は否めないが、描き込みとサイズ、素材を練れば面白い作家になりそうだ。

埼玉の奥からのお越しで、辺境から・・・・
キャリア無し、美術教育経験無し。

だから面白いとも言える。

辺境でモジモジしているムーミンのような作家が居たら、是非また、お会いしたい。

 - カテゴリ: タグ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
需要と供給が合わない

これはハンスアビングも言っている事だから、日本に限った話ではないのだろう。 どん …

no image
全てはGAMEのように。

私がBandH Galleryの運営を遊びだという事に、多少の違和感と不安を感じ …

no image
情報と言うのは・・・・。

このサイトは元々と言えば趣味でWordpressを覚えたかったところから始まって …

no image
まずは、やってみる。

そもそも、わたしがダークアートが好きで、ダークアートの作家に混ざったLAのグルー …

no image
中心の若者は飢えていない。

作家募集の案内をホルベインアーティストナビに掲載して10日ほど経った。 Goog …

no image
他人の感覚を変えるなんてできないよ

色んな原因があるとは思うが、日本にはあまり美術作品を所有すると言う文化と意識が無 …

no image
逃げて、逃げはて、端っこに。

Escape on the edge BandH Galleryのテーマのような …

no image
伽藍を捨ててバザールへ

橘玲の本を読んでいたら、目指すところは間違っていないのではないかと言う感覚になっ …