BandH Gallery

Escape on the Edge

DAISUKE FUNAKI

舩木大輔は1977年日本に生まれる。
彼の小さな作品は、作品が表す美と暴力的な組み合わせによって、見る者を引き付ける。
作品群は、力強いが儚く、驚くほどリアルに詳細まで造り込まれている。
中には一見して直ぐには理解できない作品もあるが、彼の作品は常に、社会経済・政治的な傾向について語っています。
したがって、作品群は見る者を刺激してやまないのです。

私は、東京のアートフェア“GEISAI”で初めて彼の作品を見た時、彼の作品が優れた作品を展示するブースの一つであると思い、その場で直ぐに作品を購入しました。その時以来、私は更にコレクションを進め、オランダの他のコレクタには彼の作品を推薦しました。

カリム・ハメド(コレクタ/オランダ)

speacer

 

Gallery

Heavy_head

画歴

2000年3月 文化庁メディア芸術祭 作品出品
2000年8月 「ことば展」企画 参加
2001年9月 ギャラリー「ゴンフレナ」オープニング企画展参加
2002年3月 個展「心証人形展」
2002年3月 GEISAI-1 参加
2004年8月 世田谷ラジオ ゲスト出演
2005年2月 企画展「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」
(銀座ペッパーズギャラリー)
2005年6月 Blue_Spiral展(表参道Musee F)
2006年6月 D展(新宿眼科画廊)
2007年3月 Blue_Spiral展(表参道Musee F)
2008年5月 GEISAI MUSEUM #2 参加
2008年5月 ART≠美術展(浅草橋マキイマサルファインアーツ)
2008年9月 GEISAI #11 参加
2008年11月 ART≒Rock展(浅草橋マキイマサルファインアーツ)
2009年3月 GEISAI #12 参加
2009年3月 Super Competition(NEW YORK ouchi gallery)
2009年8月 仏像展(浅草橋マキイマサルファインアーツ)
2010年2月 個展「アートによるアポトーシス」
(浅草橋マキイマサルファインアーツ)
2010年7月 時事放談展(月島ギャラリーアートコンポジション)
2010年7月 ART OSAKA(大阪堂島ホテル)
2010年9月 KIAF(韓国)
2010年10月 ULTRA003(青山スパイラルビル)
2011年1月 SHIBU Culture ~ デパート de サブカル
(西武百貨店渋谷店)
2011年2月 丸善・丸の内 コンテンポラリーアートセレクション
(丸善丸の内店)
2011年4月 「禁忌の境界展」 (パラボリカ・ビス,東京)
2012年1月 個展「カジュアルコミット」
(Gallery Art Composition,東京)
2012年2月 丸善・丸の内 コンテンポラリーアートセレクション
(丸善丸の内店,東京)
2012年4月 INTERNATIONAL YOUNG ARTIST 2012
(松坂屋上野店,東京)
2012年9月 アーティストシャッフル(銀座三越,東京)
2012年10月 ULTRA 005(スパイラルガーデン,東京)
2012年11月 Turn over the a leaf
(ギャラリーアートコンポジション,東京)
2013年3月 INTERNATIONAL YOUNG ARTIST 2013
(松坂屋上野店,東京)
2013年5月 BANK art fair(シャングリラホテル,香港)
2013年10月 ULTRA006(スパイラルガーデン,東京)
2013年11月 HENTAI exhibition(SYSTEMA Gallery,大阪)
2014年2月 FRENCH×JAPAN exhibition
(SYSTEMA Gallery,大阪)
2014年5月 SELECT art fair(アルトマンビルディング,NY)
2014年6月 Fresh of the Rocket Ship
(HELLION Gallery,オレゴン)
2014年11月 Master Blaster of Sculpture 6(HIVE Gallery,LA)
2015年2月 Erotic and Non-themed show(HIVE Gallery,LA)
2015年4月 Hive 10 Year Anniversary(HIVE Gallery,LA)
2015年11月 Master Blaster of Sculpture 7(HIVE Gallery,LA)
2015年12月 ULTRA007(スパイラルガーデン,東京)
2015年12月 Rempah-Rempah Art Collection
(Forum Art Shop Gallery /TOKYO INTERNATIONAL FORUM)
2016年2月 rooms32(国立代々木競技場第一体育館)
2016年2月 ルンパルンパアートコレクション2016
(三越銀座ギャラリー)
2017年4月 Hive 12 Year Anniversary(HIVE Gallery,LA)
2017年8月 politically theme show(HIVE Gallery,LA)
2017年11月 個展 私的魔術化2.0(ルンパルンパ,金沢)
2018年2月 アート名古屋(ホテルキャッスル名古屋,名古屋)

ステートメント

制作の際に一貫して最も重要視しているのは、世の中の“負”や“闇”である。これは、作品のテーマや素材に左右される事無く、アートにおいて重要な“作家性・時代性・時事性”を表現する事において必須である。

テーマに関しては、日常に潜む闇や、現象や事象、流行などをアイロニーを込めて表現する事が多い。特に時代性や時事性はアートにおいてとても重要な要素であり、取り分け多様性が進み移り変わりの速い現代に生きる現代美術においては特に重要と考える。

とりわけネットメディアが発展する中、活字の持つ力が弱っている為か、あるいは、世の中の流れが速く多様性が増しているせいか、重要な問題でも人々の心に残らない事も多い。しかし、画像メディア・映像メディアが身近になった事で伝わるようになった情報もある。2010年代のツイッタ・フェイスブック革命とも言われた中東革命では、活字情報の伝達だけではなく、遠く離れたここ日本でも、その悲惨さや重大さは画像・映像を通して伝わって来た。

私は、アートも多様化する情報メディアの1つとしても機能すると考える。
アートという形になってこそ、伝わる情報があり、メディアが変わる事で伝わる情報もあると考える。アートと言うメディアはそのように、人を時代を歴史を動かす力があるはずであるし、そのような事にチャレンジする全ての行為を、私はアートと呼びたい。

ABOUT DAISUKE FUNAKI

Daisuke Fuanki's small size sculptures attract the viewer because of the combination of beauty and violence they display.
They are strong yet fragile. They show amazing realistic details, some of which are not obvious at first glance.
They comment on socioeconomic and political trends so they provoke your thoughts.

When I saw the works at first during the "GEISAI" fair in Tokyo, I thought it was one of the outstanding booths, and immediately bought a piece.
Since then I got a few more, and I could recommend his works to other collectors in the Netherlands as well.

Kariem Hamed(Collector/Netherlands)

STATEMENT

When I work on my art, I attach most importance to negative and dark aspects of the world.
That is essential to express the highest values of art such as contemporaneousness and on-the-spotness as well as to keep my identity as an artist without depending on the themes and materials of each artwork.
I have often expressed sarcastic thoughts about the dark corners of our lives, daily phenomena, and trends.

In today's diverse and fast-moving environment, I think the most important thing for art, especially contemporary art is to reflect what is currently happening in the real world.
While the emerging dominance of internet media is visible everywhere, it is quite often the case that the information delivered by the media cannot have lasting impression on people.
That may because of the erosion of print media, or because the world is too diverse and moving too fast.
However, there is some information that can be gained only from images and movies on the internet media.
For example, in the series of revolutions in the Middle East in 2010 and 2011, which was called "Twitter/Facebook Revolution", those media brought the misery vividly to Japan.
I believe that art also works as one of the diversified media.
There must be some information that can be conveyed only in the form of art.
Art can move people, define an era, and alter the course of history.
All those challenges are something that I want to call "art".

CV

EDUCATION
Apr. 2001 - Mar. 2003
Institute / Department: Tohoku University of Art and Design / Art Culture Majour, Graduate School of Art and Design
Degree: Master of Art and Design
Apr. 1997 - Mar. 2001
Institute / Department: Tohoku University of Art and Design / Department of Fine Arts, School of Art
Degree: Bachelor of Fine Arts

EXHIBITIONS AND PUBLIC ACTIVITIES
2015
Stitch Fetish 3(HIVE Gallery、LA/USA)
Hive 10 Year Anniversary(HIVE Gallery、LA/USA)

2014
SELECT art fair(NY、USA)
Fresh Off the Rocket Ship(HELLION Gallery、PORTLAND/USA)
Master Blasters of sculpture(HIVE Gallery、LA/USA)

2013
THE 3RD INTERNATIONAL CONTEMPORARY exhibition(Systema Gallery、OSAKA)
BANK art fair(Shangri-La Hotel、HONGKONG)
ULTRA 006(TOKYO)

2012
INTERNATIONAL YOUNG ARTIST 2012
(Matsuzakaya Ueno, Tokyo)
Contemporary Art Selection
(MARUZEN Marunouchi, Tokyo)
Personal Exhibition"Casual Commitment"
(Gallery Art Composition, Tokyo)

2011
Group Exhibition "Contraindicated boundary"
(parabolica-bis,Tokyo)
Contemporary Art Selection
(MARUZEN Marunouchi, Tokyo)
SHIBU Culture ~ subculture@department store
(SEIBU Shibuya, Tokyo)

2010
ULTRA003(SPIRAL Building, Tokyo)
ART OSAKA(DojimaHOTEL, Osaka)
Group Exhibition "JIJIHODAN"
(Gallery Art Composition, Tokyo)
Personal Exhibition「Apoptosis through Art」
(MAKIIMASARU FINE ARTS, Tokyo)

Shop