BandH Gallery

Escape on the Edge

必要かどうかはわからないが。。。

フリーと言う働き方がまだまだ定着していない日本において、法人格でないと言うことで一緒に仕事が出来ない事が何度かあった。
もちろん、作家はフリーで不自由はした事はない。
日本の場合、物故作家を取り扱うには古美術商許可が必要になるが、プライマリーならそれも必要は無く、だったら個人事業主でも良さそうなのだが、まだ見ぬ未来に不都合があってはとんだ回り道になってしまう。

まぁ、色々考えて、法人格にしておいて不都合は無いだろう。
不都合があるとしたら、色々な手続き関係が複雑で面倒になると言うストレスか・・・・。

まぁ、心配しなくても、当分・・・・いや、最後まで、赤字申告だろう。
プライマリーだけで、箱を持って、それ以外の事業目的を持たない法人化されたギャラリーで、黒字のところって、どれだけあるのだろうか。

 - カテゴリ: タグ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
権威なのか市場なのか

メンバーからヴェネチアビエンナーレに関する記事を紹介してもらった。 わたしは数年 …

no image
中心の若者は飢えていない。

作家募集の案内をホルベインアーティストナビに掲載して10日ほど経った。 Goog …

アートバーゼルは別格

アートバーゼルはみなさんご存知だと思うが、これが行ってみてたまげた。 色々と噂に …

no image
他人の感覚を変えるなんてできないよ

色んな原因があるとは思うが、日本にはあまり美術作品を所有すると言う文化と意識が無 …

no image
熱意というかなんと言うか。

日々、サイトのアクセス数は大して上がっていない。 ゼロの日も多い。 インデックス …

no image
伽藍を捨ててバザールへ

橘玲の本を読んでいたら、目指すところは間違っていないのではないかと言う感覚になっ …

no image
逃げて、逃げはて、端っこに。

Escape on the edge BandH Galleryのテーマのような …

no image
全てはGAMEのように。

私がBandH Galleryの運営を遊びだという事に、多少の違和感と不安を感じ …