BandH Gallery

Escape on the Edge

辺境からしか革新は来ないと言うけれど。

全ては趣味である。いかに楽しくできるかが鍵。
特にアートというのは金にならない。もちろんなる人間はいるのだろうが、死屍累々の屍の方が圧倒的だ。
ビジネスでやろうとすれば概ね傾く。そして潰れる。
どれだけ楽しい思いをしたかが勝敗のポイントかも知れない。
趣味の領域でWordpressを習得したかったので、何となく新規サイトを立ち上げたかったところで、なんのサイトを構築すれば良いのか思いつかず、そういえばギャラリーなんかは面白そうだというところで、なんの目処も無く造ってみた。

やろうと思えばスタジオを開放してギャラリーにしても良いと思ってる。
海外にはそういったギャラリーとスタジオが一緒になってるオルタナティブスペースはいくらでもあるのだから、まぁ、趣味なので何でも良いだろう。
やるからには知恵を絞る必要があるが、作家としての制作が忙しい。
もちろん金には大してならないが。
当面はメンバーを集めて実験的に展示をして行く形になるだろう。まぁ、それもいつになるか判らないが。

良質な作品は今までに繋がってきた海外のギャラリーなどに紹介して、交換展示などしていけたらと思う。
革新は辺境からやってくるのは自明だが、偏狭すぎるこのサイトとギャラリー兼スタジオから、何か革新が生まれるのかどうかは我ながら信じがたいものはある。

 

 - カテゴリ: タグ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
必要かどうかはわからないが。。。

フリーと言う働き方がまだまだ定着していない日本において、法人格でないと言うことで …

no image
ひとまずの募集活動

募集を掛けたのはいつからだったか。 5月の終わりか6月の始めだったろうか。 とり …

no image
手弁当とギャラリーと私

ギャラリーの形態にはいくつかあるが、日本では大きく別けると2つだと思う。 貸しギ …

no image
需要と供給が合わない

これはハンスアビングも言っている事だから、日本に限った話ではないのだろう。 どん …

no image
アーティストとしての成長ってなんぞ。

作家を募集し始めてから2ヶ月は経ったか。 のんびりと、亀のようには進んでいる。 …

no image
まずは、やってみる。

そもそも、わたしがダークアートが好きで、ダークアートの作家に混ざったLAのグルー …

no image
他人の感覚を変えるなんてできないよ

色んな原因があるとは思うが、日本にはあまり美術作品を所有すると言う文化と意識が無 …

no image
全てはGAMEのように。

私がBandH Galleryの運営を遊びだという事に、多少の違和感と不安を感じ …