BandH Gallery

Escape on the Edge

TAKAYUKI FUTAKUCHI

アートは識字率の低い時代に宗教を広めるために用いられた時代を経て、その後はエンターテイメントとして機能していた部分もある。その意味では我々が想像もつかない世界を描き、非日常世界へ誘うというのは絵画の大きな役割と思う。

二口の作品は一見サイケデリックな色合いでファンタジーな予感をさせるが、モチーフを見てみるとネガティブなものが多く、ダークファンタジーのようで、そこには現実世界を生き抜く人々の現実と、本人のみぞ知る外からはわからない人間の内面との距離も感じることができる。

社会という漠然とした共同体を成立させているのは特定された人物たちではなく、不特定多数の匿名の人物によって成立されるものである。

そのためか、二口の作品に登場する人物には顔がない。
匿名の人物を描いているからとも読み取れるが、社会という中においては人にはペルソナが必要だということかも知れない。

社会を描く、個人を描く、またはその関係性を描く作家は多い。
しかし、二口は社会と個人の間に存在する距離を、人々がペルソナを用いて均衡を保とうとしている様、更に我々が日々接している人々はペルソナでしかなく、ホントのところはわからない・・・個人対個人の間に存在する無限に広がる距離感の確認を、今一度鑑賞者に促しているのではないだろうか。

社会を治めるために宗教が必要な時代や場面がある。
薄れた宗教観しか持たない人々が増えた時代に、対象者のホントのところを想像させる作品は新たな宗教画となり得るのではないか。
その事によって無用な"忖度”が無くなるのではないかと思っている。

Gallery

6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 1 2 3 4 5

画歴

Group EXHIBITION
2013年4月 『GEISAI#18』 @東京都立産業貿易センター台東館 (東京)

2014年10月 Le dernier cri 主催 展覧会 『Heta-Uma』 @MIAM (フランス)
Le dernier cri 主催 展覧会 『Mangaro』 @La friche belle de mai (フランス)

2016年12月 『ゴアデッキ2016』 @excube (大阪)

2017年7月 『ゴアデッキ2017』 @mograg (東京)

 

Solo EXHIBITION
2015年6月 『floccinaucinihilipilification』 @momurag (京都)
『濁ハルシネーション』 @excube (大阪)

2018年4月 『STRANGE DAYS』 @タコシェ (東京)

ステートメント

悪夢、妄想、不安を極彩色でサイケデリックに描いています。
私は生きていて常に死への不安を抱いています。
その不安が頭の中で絵として精製され、その世界を描きだしています。

絵の世界の人物が何を考えているのか私には分からず、干渉も出来ません。
ただ、それを描く事により自分が見た不安定で美しい景色を皆様にも見て欲しいと思って描いています。

この世界は暴力的な出来事や美しいものが情報として常にノイズのように頭に流れてきます。
その雑多な情報と自分の生活における不安が混ざって絵になります。
綺麗なだけのものはいらないし、汚いだけのものもいらないと思っています。

暴力的で美しく不安定な世界をこれからも描き続けていきたいと思っています。

ABOUT TAKAYUKI

Art has been used to spread religion in times of low literacy rate, there are also parts that have been acting as entertainment after that time.
In that sense I draw a world we can not imagine, inviting to the non-everyday world is a big role for painting.

Futakuchi's works make fantasy premonition at first glance with a psychedelic hue, but as you look at the motifs many things are negative, it seems like a dark fantasy, where there is a reality of people surviving the real world, You can also sense the distance to the inner surface of a human being who you do not know from outside.

The vague community of society is established not by the identified person but by an unspecified number of anonymous figures.

For that reason, there are no faces for the persons appearing in the Futakuchi's works.
It can be seen as drawing an anonymous person, but in society people may need a persona.

Many writers draw society, draw individuals, or draw their relationships.
However, Futakuchi is such that the distance existing between society and individuals is trying to keep equilibrium with people, and furthermore the people we are in contact with each other are only personas, We don't really know...
Does not it seem to prompt the viewer once again to confirm the distance feeling which infinitely exists between individuals and individuals?

There are times and scenes where religion is necessary to govern the society.
In those days when there are more people who have only a faithful religious view, the work that imagines the real object of the target may be a new religious painting.
We wondering if there is Useless "conjecture" to that.

STATEMENT

I drawing psycedelic painting nightmare,a delusion,anxiety world.
I always anxious about death.and anxiety about death is the driving force of painting.

I can't understand thinking of people in my painting, and I can't interfere with them.
But I want you to see a terribly and beautiful world I drew.

In this world, violent events and beautiful things always flow as noise to the head as information.
Noisy information and anxiety in life mixed together and become my painting.
I don't need a clean only things and a durty only things.

I will continue to drawing beauty and durty world.

CV

2013
art event:[GEISAI#18] at Tokyo Metropolitan Industry and Trade Center

2014
group exibition:Le dernier cri organized [Heta-Uma] at MIAM(france)
group exibition:Le dernier cri organized [Mangaro] at La friche belle de mai(france)

2015
exhibition:[floccinaucinihilipilification] at momurag(Kyoto)
exhibition:[DAKU-hallucination] at excube(Osaka)

2016
group exibition:[GORE DECK 2016] at excube(Osaka)

2017
group exibition:[GORE DECK 2017] at mograg(Tokyo)

2018
exhibition:[STRANGE DAYS] at TACO che(Tokyo)

Shop

Under Construction