BandH Gallery

Escape on the Edge

HARU TORATANI

虎谷はるは福岡県生まれ。
神経質な作業と主張しない人物とで構成される画面は、見るものを離さない。
一見すると、ネット上で散見されるアニメ・イラスト風のモチーフだが、近付いてよく見ると、滑らかな線と無数の点、そして人物で構成されていることに気が付く。スーラが完成させた点描画に、現代日本のコスプレ文化を融合し、新しいペインティング様式を確立させている。そして、どの作品にも共通しているのは“痛み”や”光”だという事に気が付くだろう。

虎谷はその原動力を「幼い頃に欠けていたもの。よくわからないけど、どこかにかえりたいという想いがある。」という。
これはわたしの憶測だが、虎谷は一人っ子で母子家庭という環境で幼少期を過ごし、中学高校も一貫教育の女子校だった。
圧倒的に父性と男性性が欠けている時代を長く過ごしているのである。
後ろ盾のない生活は、緊張感や不安感など、マイナスの感情を押し殺してきたのではと想像する。
虎谷は、その押し殺してきたマイナスの感情、痛みの感情を、自身をモチーフに入れ込むことによって作品に流し込み”光”としてなり昇華している。

裏付けるように彼女はこうも言っている「絵を描くことで泣けない、怒れない感情を昇華させる。そして、繰り返しこの感覚を味わい、忘れないために私は描いている。」と。
現在虎谷は結婚しており、男性性も父性も得られているが、過去の自分に大きく影響した感情や感覚を、決して忘れようとはせず、ポジティブに向き合って生きている。

虎谷のマイナスの感情が昇華される程に、作品も昇華し、多くの共感を集めるものと期待したい。

Gallery

ofillia1 (Large) ofillia2 (Large) 光が降り積もる (Large) 夢の香り (Large) 海の中の優しい夢 私を見ている私の目 夢の中の夢 夢の中を生きる

画歴

ステートメント

女性と負の感情。
私が制作へと突き動かされる根底にあるものであり、その衝動を白と黒で表現することを好む。
白と黒。それ以外の色は私にとって各々感情がある様に思う。
感情の色が絡み合い織り混ざった結果、白と黒に集約するようになった。

衝動が生まれたのは、私が閉じこもった世界に生きていたからのように思う。
6年間の女子校生活。
あの箱の中の日々で一緒に過ごした女の子たちの美しさ、生命力、儚さ、その中にまじる毒。
今でも強烈に鮮明に私の心に焼き付いていて衝動として刻み込まれている。

そして、負の感情。
一般的には負の感情はよくないものと捉えられている。
しかし、それは人が負の感情は嫌だと毛嫌い、決めつけているのであって実はすべての感情にいいも悪いもなく悲しみや苦しみなどの感情も、喜びや楽しみなどの感情と同じで単に人間のエネルギーのひとつひとつとして存在しているものであり人間である以上、必要なもの、切り離せないもの、ではないか。

負の感情から逃げようとすると得体が知れない怖いものとして追ってくる。
ないものにしようとすると、どんどん膨れ上がる。
負の感情から目を背ければ背けるほどそれは存在しているのだと見せつけられ自分のバランスを崩してしまう。
振り子が揺れを繰り返すのと同じように負という端も陽という端も生という運動を続けるためには必要ではないか。

だとするのなら、負の感情を忌み嫌い目をそむけるのではなく自分を構築する一部として、確かにあるものとして見つめて受け入れていく。
それが自然、もしくは健全ではないか。
そのために、私は負の感情にひたり味わい絵を描いている。

鑑賞者の中にも存在しているであろう負の感情を悪いものではないかもしれないと感じてもらうきっかけとなってほしい。

負の感情も愛おしい自分の一部ではないか?
そう訴えかけていきたい。

ABOUT HARU

Haru Toratani was born in Fukuoka Pref.
Her works; very sensitive and almost too delicate strongly capture our mind.
They appear to be the common subjects and composition of Anime and illustrations we see on the Internet, though when you look at them closer, you realize they are composed of smooth lines and countless dots, and every work contains “pain” in common.

Toratani explains her motivation; “it’s the thing I missed in my childhood. I do not know where it is, but I have been feeling that I want to go back somewhere all my life.”
I assume that it derives from the background she is an only child and grew up fatherless, and graduated from unified private “girls’” school. She has apparently lacked the paternity and masculinity in her life. I also barely spent my life with my father who lived away for his work and died young; still know what it is like to have that “paternal” backing support.

I imagine her “support-missing” life suppressed her emotions like strain, and anxiety.
Those negative feelings and her emotional pains, does she sublimate into works.

She also explains; “ I sublimate such emotions as I cannot cry, or I cannot get angry by drawing pictures, repetitively I savor these emotions. I draw pictures not to lose them.”
Toratani is presently married and has gained masculinity and paternity, and yet she does not clear away all those feelings and sensation from the past, which gave a great impact on her life, rather, she faces up to them in a proactive manner.

I expect as her past emotions to be freed, her works would be more sublimated, and it will bring more empathy for her works.

STATEMENT

Woman and negative feeling.
These are my underlying motivation that drives me to draw.
I love them to be expressed in black and white.
Black and white. The rest colors I associate with various emotions. (E.g. Red is for Anger.) The colors of emotions got tangled and consequently weaved into black and white expression.

I recall my drive arose from the small, closed world of six years of all girls’ school days. The girls I spent time with had their beauty, liveliness, fragility, and there were malice blended among them.
Still vividly and strikingly, they are etched deep down inside of me.

The negative feelings. Generally, these feelings are regarded as undesirable emotions.
People merely branded them as unfavorable ones, though I would rather say all emotions should not be labeled; Pains and Sorrows along with the Joy and Enjoyment exist as human energy themselves and are not separable, if anything, to be needed, as we are human beings.

If you get away from those negative feelings, they will come after you as monstrous creature. If you pretend there is nothing of that sort, they will expand enormously.
The more you take your eyes away from them, the more you are forced to see and realize that they certainly exist, and you will break down your balance.
Presumably, as pendulum keeps swinging to the left and right, aren’t both ends of negativity and positivity to be needed so as to keep practicing the movement called “living”?
If it is so, I would say it is far more natural and healthy to receive and accept those feelings as the parts of the elements that consist us, and assure that they are there, instead of abhorring them.
To do so, I soak myself into the swamp of these feelings, savor them, and then I draw pictures.
I would love my works to intrigue the negative feelings that you have to start feeling that it is not abominable, but precious ones.

CV

Shop