BandH Gallery

Escape on the Edge

外国そこそこ、日本少々

公募サイトに案内を載せて数日。
日本語の公募サイトで、日本語表記なのに、外国からの応募がそこそこ来ている。
アメリカやら、ハンガリーや、ドイツ、あと・・・・インド。
公募サイトから来たというよりは、検索で来たのかも知れないが、Google検索で来た場合には、検索キーワードがアクセス解析にも残らないので、どうやって来たのか良くわからない。
しかし、検索キーワードが残らないのは、プライバシーに配慮しての事のようだが、ここまで個人の細かい事柄が優先されるというのも、息苦しい。

さて、日本からの応募はというと、少ない。
両手には足らない程度だ。
なかなか良い作品で、自信満々で、尖がっている若者を見ていると、興味はあるし、どうにか化けるかも知れないとも思うのだが、付き合っていくのが大変そうだ。私は既に取り扱いギャラリーがある。BandH Galleryは実験的な遊びのようなものだ。変なストレスは抱えたくないし、スターを輩出する事を目標にしている訳ではない。インディージョーンズというよりはグーニーズでありたい。まぁハリーポッターというよりはウィローでもいい。

困ったのは尖った若者を除くと、作風がえらく古くなっていく。
ローブローやダークアートではなくなっていく。
しかし、中にはローブローやダークアートで取り上げそうなモチーフを古臭く描いてるものもあって、どうしてもビジュアルが古めかしいのでパッと見の新鮮さは無いのだが、よくよく見るとジワジワくるものもあって、どうしたものか悩んでいる。

更に困ったのは外国からのメールだ。
まず、訳す。機械翻訳に通すが、ステートメントなどはゴリゴリの英語だから、変な訳になって出てくる。
何とか紐解いたところで、返信も楽ではない。滞っている。
作品としては、作家としては、外国のものも入れると面白いとは思うが、これはコミュニケーションでえらくストレスが掛かりそうだ。
これまたどうしたものか悩むところだ。

 - カテゴリ:,  タグ:, , , , , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

  関連記事

no image
中心の若者からの応募に、びびる

ここに来て国内の応募が増えてきた。 とは言え、面白いと思えるものばかりではない。 …

no image
辺境からしか革新は来ないと言うけれど。

全ては趣味である。いかに楽しくできるかが鍵。 特にアートというのは金にならない。 …

no image
伽藍を捨ててバザールへ

橘玲の本を読んでいたら、目指すところは間違っていないのではないかと言う感覚になっ …

no image
言葉を交わして、ある時、ぷっつん。

募集を開始して、3週間ほどが経つだろうか。 相変わらず、中心からは若者が多く、辺 …

no image
権威なのか市場なのか

メンバーからヴェネチアビエンナーレに関する記事を紹介してもらった。 わたしは数年 …

no image
良い事なんて、言わない

取り扱いが決まっている作家から「Blogにもっとポジティブな事を、方向性とかがあ …

no image
全てはGAMEのように。

私がBandH Galleryの運営を遊びだという事に、多少の違和感と不安を感じ …

no image
SEO回り

とりあえずSEO関係の調節も済んだ。 とは言っても、実際はページ数と文字数が増え …