BandH Gallery

Escape on the Edge

SUE

Sueは1980年神奈川県生まれ。
Sueは幼少期より特異な意識を持っていたようだ。
その多くは容姿としての中性性、あるいはアイデンティティとしてのXジェンダーのようだ。
生まれてからずっと、人とは違った変体を繰り返していたようだが、Sueにとってはそれは自身が追求する美への過程だったのかもしれない。
その為に幼少期から、周りからは“変”だと言われ、生きづらい生活を送り、一時期は籠っていた時期もある。
その時期に集中して絵画技法とリアリズムの探求を行ったが、次第にそんな“変”な自身を生かす場を求めるようになる。
そして、大検を取得後、多摩美術大学へ進学。しかし、ここでは一度今までの画風を封印し、抽象画などを描いていたというのは、それだけ大学と言う社会もSueには馴染まなかったのかも知れない。
卒業後は、元々持っていた中性性とそこから来るギャップ、そしてギャップになりうる2つの要素を1つの画面に構成する中で、現在のような作風へ至り、その表現をSueはHybrid・Realism(ハイブリッド・リアリズム)と呼び、自身がずっと抱いてきてた“変”な関心を、見事に自身の絵画表現にまで落とし込んでいる。
今後更にSueの表現が変体して、Sue自身の中に、見るものの中に変革を起こしてくれる事を期待している。

Gallery

Thw-Shinobi S.A Reiko-T005 Reiko Rei1 nirvana Morrigan Like-Princess Like-Prince harlequin Daydream Alwida

画歴

個展
2013
珈琲画展 全労済ホール/スペース・ゼロ(東京)

グループ展他
2016
見参 KENZAN アレーナホール・サロン(東京)
世界絵画大賞展 東京都美術館(東京)
Art@Jungle 名古屋Art Hack 2016 <アートは心をハックする> 名古屋三越 (愛知) 
Colorful展 BandH Gallery (千葉)
Art@Jungle 東京 Art Hack 2016 <アートは心をハックする> 東京大丸 (東京)
プラチナアート大賞展 日展新会館 (東京) 
うすい大絵画展 うすい百貨店(福島) 
ヴァニラ画廊大賞展 ヴァニラ画廊(東京)
Art@Jungle(選抜メンバー) 台北アートフェア ”インフィニティジャパン” ミラマーガーデンホテル (台湾)
Art@Jungle(選抜メンバー) 台北アートフェア ”インフィニティジャパン”プレリリース 台北101 (台湾)  アートフェア側で更に選抜された作家のみ 
「ラスティクルズ」 ショー BandHGallery (千葉)
トーキョーアートナビゲーションコンペティション 月刊誌『美術手帖』、公益財団法人東京都歴史文化財団サイト内

2015
美の起源展 美の起源(銀座)
Art@Jungle 阿倍野<J-ART宣言>あべのハルカス近鉄本店(大阪)
Art@Jungle The Star Festival <アートに願いを>大丸東京(東京)
Art@Jungle The Star Festival <アートに願いを>美岳画廊(東京)
第20回アートムーブコンクール2015 大阪府立江之子島文化芸術創造センター(大阪)
美術新人賞「デビュー」 フジヰ画廊(銀座)/ギャラリー和田(銀座)
全日本アートサロン絵画大賞展 (東京)
横浜アートコンペティション 象の鼻テラス(神奈川)

2014
橘花展--捲土重来 ギャルリ青鞜(広島)
大細密展2014 The Artcomplex Center of Tokyo(東京)
薫風展 東武百貨店池袋店(東京)
Next Art展 松屋銀座(東京)
Next Art展 朝日新聞本社(東京)
GUAMS7展 SAWYER CAFE (東京)

2013
MVW 福屋八丁堀本店(広島)
薫風展 阪神百貨店梅田本店(大阪)

2009
多摩美術大学卒業展

2007
多摩美術芸術祭

受賞歴 *入選は不記載
2016
世界絵画大賞展 協賛社賞 (ターナー色彩賞)
プラチナアート大賞展 優秀賞(マルマン賞)
トーキョーアートナビゲーションコンペティション 入選
 (作品ランキング3位 アーティストランキング2位)

2015
ヴァニラ画廊大賞展 入選
美の起源展 奨励賞
第20回アートムーブコンクール2015 会場ピックアップ賞
美術新人賞「デビュー」 奨励賞
横浜アートコンペティション 入選

2014
Next Art展 推薦

ステートメント

アートなリアリズムとは何か。

リアリズム=写実的な絵画に対して、一般の人々からは「ただ写真のような絵なら、その役割は写真で十分」という評価が多々あります。確かに現代では視覚的に単に写真の模倣をしている絵画に価値を感じ無いという意見も理解が出来ます。また、"写真で良い"と言われる絵画はハイクオリティな技術があって成り立つ条件ですが、その写実絵画が、ただの写真の模倣であるなら、それはアートではなく"装飾絵画"なのだと思います。

私はアートで新しいリアリズムを追求するべく、独自のアートを*「ハイブリッド・リアリズム」と名付けています*(ハイブリッド=異種のものが組み合わさった)。
全てが写実ではなく、写実とユルさが作り出す"ギャップ"によりリアリズムを新たな感覚で捉える意図があります。
更に人物は実在しますが背景は架空であるという、リアル(現実)とファンタジー(架空)な要素、女性の顔に男性の筋肉美の要素、更に細かい描写と荒々しいタッチのマチエールの要素など、ギャップを生み出す様々な組み合わせ(ハイブリッド)があります。
そこにはリアリズム再考の意味が込められています

一方、視覚的な画面のハイブリッド(混合)とは反対に、作品に対しての精神性は”ピュア(純粋な)”であり、それは主に人物画モデルと技術面において顕著です。

私の人物画の特徴は自ら雇ったプロのモデルを使っています。
人物画のモデルでよくあるケースで配偶者や恋人、友人、知人などがモデルであったりしますが、私は一切そういう関係性の人をモデルにはしません。そこにはモデルと作家の純粋にクールな関係を保っていたいという気持ちがあります。作家の手垢のついた特殊な感情が込められた関係性ではなく、"純粋に"作品のモデルとしてストーリーに純化出来る関係性でなければ適さないからです。
人物画は言うまでもなく人物が最も重要です。モデルも素人とプロでは容姿からポーズスキルから心意気まで全てが違います。そこに妥協しない点で私は人物画には人一倍プロフェッショナルな意識を持って取り組んでいます。

また技術面では、
髪の毛などは一本づつ描きますが、例えば服の衣装やその他のマチエールなど、模様をコラージュしたり、写真を貼って上から着彩したりなどペインティング以外の描き方はせずに全てハンドワークです。なぜそのような描き方をしているのかというと、純度の高いハイクオリティな技術に価値があると思うからです。

写実描写という唯一磨かれた武器を持って、不毛とも言える現代のアートに抗う。
私のリアリズム・アートとはそのようなものです。

ABOUT SUE

Sue was born in 1980 in Kanagawa.
It appeared that Sue had a special awareness since early childhood.
This was mostly because of Sue's neutral appearance, or an identity as an X gender.
Since birth, Sue was different to others, but for Sue, this may have been part of a process to gaining a self identity.
Due to this, during childhood Sue would be called 'strange' by others, and live a difficult life, and at one point even choose to live in seclusion.
During this time, Sue focused on painting techniques and realism, but would gradually gain a place where it would be possible to live as Sue's 'strange' self.
After finishing high school Sue went on to enter Tamabi Art University.
However, here Sue sealed her style of painting, and the fact that Sue was painting abstract art may be an indication that even the university life style didn't suit Sue.
After graduating, going back to Sue's neutrality and the gap differences that arose from that, Sue composed the two components of the gap difference into one image, which has lead to today's literary style, a presentation style which Sue called Hybrid Realism, and splendidly lets Sue express oneself in a painting.
From now one, Sue's self expression will continue to change, and we can expect to see more of Sue's inner reformation.

STATEMENT

Sue is a female name.

I have my reasons for naming myself that.
As you can see, I am a male, but I do not like manliness. Rather, I like an androgynous look and fashion.
It is my biased sense of beauty that I believe that the ultimate form of beauty is not in a vigorous and fearless male grace, nor is it in a supple and voluptuous female attractiveness, but a deft combination of both. And it is in this middle ground where I believe that the name Sue exists.

Whether through good or ill fortune, I have had many peculiar life experiences, and through living through a repeated cycle of variances unlike anyone else's, the common thread which links many of the things which interest me is that they are, "strange." And that is the word that, throughout my life since I was a child to my current state of progress, I have always heard the most by people when they describe me.

"Strange" is, at school, and in society, not thought of as a complementary word. But in the world of art, strangeness can conversely be an attribute, a thing that can be made good use of.
The reason for my involvement in art lies in this attribute.

And as I began to find an interest in strange things, I found myself further intrigued by things which were represented by "gaps."

For example, someone with a child-like face but with a bulky and muscular body; a boy with a girl's face; a child who appears to enjoy playing outdoors but actually likes to be indoors reading manga and playing games; someone who appears to be cool and chic but would ride cross-country through Japan on a bicycle, etc.
I based the concepts of my artwork on my interest in such gaps, and that is how my technique of "hybrid realism" was born.

This technique involves a painting style that, while based on a central axis of realism, is born from the gap between the real and the rough in human figures and backgrounds.
This involves not only the gaps in form, but also in pigment thickness and materials, as well as gaps in motifs(unisexualization = a muscular female, for example). This is a technique whereby I fuse together disparate elements while consolidating them into a harmonized world view.

CV

RESUME
2009 Tama Art University of Fine Arts,in Japan B.F.A
1980 Born in Yokohama, Japan

AWARDS AND CHOSEN
2015 ART MOVE, Osaka, Japan.Pickup Award in Exhibition hall
2015 "DEBUT" Art Rookie Award, Japan. Encouragement Award (4th or 5th Prize)
2015 All-Japan Art Salon Painting Award Exhibition, Chosen
2015 Yokohama Art Competition, Japan. Chosen
2014 Next Art, in Japan. Recommendation

EXHIBITION HISTORY
2016
“Kenzan”, Arena Hall & Saloon, Tokyo, Japan
Sekai Painting Grand Prize, Tokyo Metropolitan Art Museum, Tokyo, Japan
Art@Jungle Nagoya Art Hack 2016, Mitsukoshi Niigata Daimaru Department store, Nagoya, Japan
Colorful Exhibition, BandH Gallery, Chiba, Japan
Art@Jungle Tokyo Art Hack 2016, Tokyo Daimaru Department store, Tokyo, Japan
Platinum Art Award Exhibition, Nitten New Buildings, Ueno, Tokyo
Usui Large Painting Exhibition, Usui department store, Koriyama, Fukushima
Vanilla Gallery Grand Prize Exhibition, Vanilla Gallery, Tokyo, Japan
Infinity Japan 2016 Contemporary Art Show In Taipei , Miramar Garden Taipei, Taipei, Taiwan
Infinity Japan 2016 Contemporary Art Show In Taipei , Taipei 101, Taipei, Taiwan
Rusticles show, BandH Gallery, Chiba, Japan

2015
Beauty of origin Exhibition, Beauty of origin Gallery, Tokyo,Japan
Art@Jungle Abeno<The Declaration of J-ART> Abeno Harukas Department-store Kintetsu Main Building, Osaka, Japan
Art@Jungle The Star Festival, Tokyo Daimaru Department-store
Art@Jungle The Star Festival, Mitake Gallery, Tokyo, Japan
20th Art Move Competition 2015, Osaka Prefectural Enokojima Culture and Art Creation Center, Osaka, Japan
"DEBUT" Art Rookie Award, Fujii Gallery, Tokyo / Wada Gallery, Tokyo, Japan
All-Japan Art Salon Painting Award Exhibition, The National Art Center, Tokyo
Yokohama Ar Competition, ZOU-NO-HANA TERRACE, Yokohama, Japan

2014
Kitsuka Exhibition, Blue Stockings Gallery, Osaka, Japan
Large Miniature Exhibition, The Artcomplex Center of Tokyo, Japan
NEXT ART, Matsuya Ginza Department store, Tokyo, Japan
NEXT ART, The Asahi Shimbun Company, Tokyo, Japan
Guams7 Exhibition, Sawyer Cafe, Tokyo, Japan

2013
MVW(Man vs Woman), Fukuya Department store Hatchobori, Hiroshima, Japan
Balmy breeze Exhibition, Hanshin Department store Umeda Main Building,Osaka, Japan
Coffee Painting Exhibition, Zenrosai Hall / Space Zero, Tokyo, Japan

Shop